読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アップデート

そんなわけで、やってまいりましたBlackBerryOS10のアップデート。先のエントリに書いたように本体のストレージに空きもできたことだし、ダウンロードして言われるままに実行して再起動して終わり。

f:id:ntaka1970:20140316222016p:plain

めでたく10.2.1.2141となりました。まあFlashPlayerは入ってませんが。

 

このバージョンアップで何が変わったかって、今まではOS標準でできなかった「日本語入力が可能になった」ことですよ!

 

これまではRocoIMEを利用してコピー&ペーストでやりくりしてましたが、ようやっとOS標準として日本語入力ができるようになりました。まあ去年後半からリークOS入れればできてたみたいですが、これで公式にできるようになった、ってことですね。日本から撤退しているのにありがたいことです。ただまあ、今どきのスマホに比べると物足りない部分も多々ありますが…。

個人的には

  1. 日本語入力モードだと英数記号が全角のみで、半角が選択できない。
  2. PCで変換するときはスペースキーを押して変換候補から選択→Enterキーで決定、ってプロセスが普通だと思いますが、スペースキーを叩くと変換候補の先頭が強制的に決定されます。これがイマイチなれない。複数の候補から選択する場合は画面をタッチする必要があります。せっかくキーボードついてるんだから、なんかのキーで選択できないかなあ。
  3. 決定前にバックスペースで文字を消していくと、一回ローマ字に分解してから消していきます。たとえば「た」を消そうとするとバックスペースキー一発で「た」の文字を消すのではなく「T」と「A」とで2回バックスペースが必要です。PCの気分で一回だけバックスペースキーを押すと子音が残っちゃう場合があるのがちと面倒。ただし「た」じゃなくて「ち」と入れたかったのに、って場合この挙動に慣れていれば一回バックスペース→「I」を入力すれば「ち」と入力できるので便利…かも?

 

と、不満もありますが、でもやっぱり日本語入力がアプリを切り替えること無くできるのは非常に快適です。もうね、RIMに大感謝。お陰でこのアップデートしてからの一週間というもの、Q5の稼働率が上がっております。メインの回線であるauで使えるならメイン端末にしちゃうのになあ、ってくらい。Q10なら使えるんでしたっけ…