読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音声出力先の配線見直し(1)

あらま、前回から三ヶ月立っちゃったか。まあこの三ヶ月はまた鬱が悪化して薬変えたり増量したりまた薬変えたりするばかりで、なーんにもする気がなかったのです。人間って薬一つでかなり気分変わるものなんですね、よくわかりました。

それでも8月から使ってる薬が効いてくれて、久しぶりに感情が動き出した感じです。このまま安定するようであれば社会復帰も考えたいところ。とは言っても今飲んでる薬は我慢できないくらいに眠くなるし、まだ人混みが怖いしで、ぼちぼちリハビリしようと思います。

 

と、そんなことはさておき、久しぶりにPC環境をいじってネタができたので駄文を一つ。

 

これまでWindows10の入っているPCとChromeBOXをHDMIセレクタ経由で液晶モニタに繋いで、必要に応じて入力先を切り替えながら使っていたんですが、ちょっと不満がありました。

それは「音声」。特にヘッドホンをさして音声を聞きたいな、と思うと毎回毎回ヘッドホンをそれぞれの機器に接続しなおさなきゃいけない。あと、PCはPC用のスピーカー、ChromeBOXは液晶モニタのスピーカーがつながってるんですが、日常的に使っているChromeBOXでも音楽流したいと考えると液晶モニター内臓のよりは多少はマシであろうPC用のスピーカーから音を出したい。

と、そんなわけでヘッドホンとスピーカーをWindowsマシンとChromeBOXとで共有させられないか、ということが今回の目的です。

 

f:id:ntaka1970:20160901200951j:plain

 

 とここまで書いたところでグロッキー気味になってきたので、実作業についてはまた次回に書き起こしてみたいと思います。