読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MediaGoで一苦労

先日書いたとおり、PS Vitaと連携すべくPCの環境を整えたわけですが、VitaのソフトウェアをPCで管理するにはMedia Goが必要、ってことでついでにインストールしたんですよ。で、インストールしてさあ起動!

 

f:id:ntaka1970:20160929192049p:plain

 

ナニコレ?

 

とりあえず表示に従いアンインストールしてインストールし直し。でも起動しようとすると無情にも同じポップアップ。

 

f:id:ntaka1970:20160929192049p:plain

 

なのでVCOMP140.dll とMedia Goをキーワードに検索したところ、あっさりと解決方法が判明しました。

 

kacht.hatenablog.com

 

上記サイトを参考にして、マイクロソフトのサイトからVisual Studio 2015 の Visual C++ 再頒布可能パッケージの64bit版と32bit版のうち、32bit版を選択してダウンロードしてインストールしたところ、無事Media Goの起動することを確認しました。ちなみにMedia Goのバージョンは3.1で、パッケージインストール時にはMedia Goの再インストールはしていません。

 

まあね、この件は配布されてるRuntimeでどうにかなる問題だったからまだいいんですが、どういう環境で配布前の評価してるんでしょうねえ。知りようもないけど、ものすごく気になりますわ。

それと、Media Goのサイトで未だにこの件についての告知がないのもどうかと。リリース日が記載されてなかったので不明ですが、vcomp140.dllによるインストール失敗とその対策の記載が出てきたのが9/10前後。それから2週間以上立ってるのに、このバージョンでこんなことが起きますよ、暫定対応はこうですよ、くらいの案内出すこともしないのか、と思うとソニーを見る目が冷たくなっちゃうってもんです。まさか問題を把握してない、ってことは無いと思いたいけど、どうなんでしょうねえ。