構成変更

先日要望により父のノートPCをリプレースしまして。リプレースってもPCそのものは三年くらいしかたってない代物、購入当時のハイスペックマシン(東芝 dynabook T552/OS Windows8/CPU core i7(物理4core/論理8core)/Memory 8G/HDD 1GB)ですけどもWindows10へのバージョンアップの保証対象ではなかったこともあり、Windows10が欲しいということで今回置き換えとなりました。
で、その置き換え作業の駄賃としてこのPCをもらってきました。それをだいぶ放置してたんですが、先日やっと環境に組み込みました。

 

まずはノートPCに対して
・リカバリメディア作成
・HDD→SSD換装
・リカバリメディアからOS再インストール
・パッチ適用
・環境構築
と。SSD化は目に見えて快適になるからありがたいですね。PCがいきなりもっさりすることがなくなるのはホント快適です。
 
それと今回やってみたかったことがマルチモニタ。ノートPCにHDMIポートがあるので、Windows10のデスクトップPCとChromeBOXとで切り替えながら使ってるモニタをノートPCの外部モニタとして使えるはずだから試してみよう、と。
とは言ってもやることはあまりなく、切り替えに使っているHDMIセレクタとノートPCを接続して「Windowsキー+P」で拡張モニタを選択するだけであっさりと使えるようになりました。
 

f:id:ntaka1970:20161118000346j:plain

 
で、マルチモニタ化した感想なんですが…快適ですねこれ。片方の画面で動画を流しっぱなしにして片目で見ながらもう片目で別画面を睨む、片方でテキスト書きながら片方で艦これ表示させっぱなしにする、なんてことが当たり前にできます。マルチモニタ化すると作業効率が上がるって話は前々から見かけましたし、それに興味持って今回マルチモニタ化してみた訳ですが、表示させっぱなしにしたい画面を他に邪魔されずに表示しておけるってことがここまで快適だとは思いませんでした、ハイ。これは癖になるわ。
 
ただ、マウスの移動が面倒ですね。カーソルをメインのモニタの右端に持っていくと外部モニタに移るんですが、何度も何度も行ったり来たりしてると面倒くさくなってきます。各アプリのウインドウは「Windowsキー+Shiftキー+(←|→)」でモニタを行ったり来たりできるんですけどね。カーソルにも移動する手段を用意してほしかったなあ。
 
とは言えこのノートPC、快適さが勝ってちゃっかりメイン端末と化しました。だってデスクトップPCにつなぐサブモニタないんだもん…。デスクトップPC用にも探してみるかな。