E495にArch Linux

ということで、最近使ってなかったThinkpad E495にWindowsとは別のSSD
を導入してArch Linux をインストールしてみました。まだCUIまでですけど。
Arch Linux を選んだ理由は大したことなく、単に使ったことがないからってだけです。まあおかげさまでわからないことだらけで楽しいです。
 
基本的な手順は以下のブログを参考にさせていただきました。
ただ私の環境ではインストール前後に無線LANに接続できず先へ進めなかったため、自分のために足りなかったところをメモしておこうと思います。
 
<インストール前>
「インターネット接続の確認」という項目でネットワーク接続の確認が書かれていますが、E495はインストールメディアかの起動では無線LANに接続できなかったので手動で接続しています。
 
1.インターフェース名を確認(wlan0でした)。
# ip link
2.アクセスポイント名を確認
# iwlist [interface] scanning | grep "SSID"
3. wpa_supplicantコマンドでアクセスポイントに接続
# wpa_supplicant -B -i [interface] -c <(wpa_passphrase [SSID] [password])
4.dhcpcdコマンドでIPアドレスを要求
# dhcpcd
5.導通確認
 
ここでちょっと引っかかったのが、3.の「-c <(」の部分で、カッコの間にスペースが入っちゃうんとコマンドが無効になることでした。Unix系のコマンドは引数含め基本スペース区切りだと思いこんでたのでちょっとびっくりしました。
 
無線LANのパッケージ追加>
「必須パッケージグループのインストール」という項目でパッケージのインストールを実施していますが、その際のコマンドを以下に改変しました。
 
# pacstrap /mnt base linux linux-firmware netctl iw dhcpcd wpa_supplicant dialog vi
 
無線LANに接続するコマンド(とついでにエディタ)を追加しています。標準だとviさえ入ってないとは思ってませんでしたハイ。
 
で、インストールが終わってSSDから起動するとネットワークに繋がっていなかったので、以下のページを見つつnetctlで設定して無線LANに接続。
 
 
ここでのポイントは上記ページにも書かれてますけど、プロファイルのファイル名をフルパスではかかないことですね。最初設定ファイルなんだからフルパスで書くだろ、と思いこんで失敗したのは私ですハイ。
 
無事にネットワークに接続できたことを確認して、ユーザ追加してsudo設定したところまででだいぶ疲れたので中断中。手順からコピーして、ってことができないからviでテキストベタ打ちとか、エラー読んで原因探ったりと結構神経使ったもんなあ。次はGUIIMEの設定済ませて、日常の作業に使えるようにしたいところ。てかLinuxGUIってほぼ使ったことないから何がいいのかわからないんだよな。有名所で情報多そうなGNOMEKDEXfceあたりかな。