Arch Linuxでunzip

画像を含むzipファイルをunzipコマンドで解凍したところ、文字化けしたファイル名がゴロゴロと…
 
調べてみたところLinuxあるあるのようで、Windowsファイルでzipしたファイルに含まれるファイル名に日本語が使われると文字コードSJISになるんですね。まあ当たり前か。で、これに対応するにはunzipがSJISをデコードできればいいわけですが、Arch Linux標準のunzipにはその機能がない、と。
 
というわけでデコード機能を追加されたunzipをAURから入手しました。
 
$ yay -S unzip-iconv
 
:: unzip-iconv と unzip が衝突しています。unzip を削除しますか? [y/N] y
 
途中で通常のunzipを削除するか聞かれるので「y」を選択、
 
:: インストールを行いますか? [Y/n] y
 
インストールするか聞かれるのでこれまた「y」を選択して置き換え終了。
 
これでunzipに「-O」オプションが追加されるので、
 
$ unzip -O CP932 ファイル名
 
としてやればSJISエンコードされたzipファイルも回答できるようになります。これでまた一つ快適になったぞ。