メロンブックスアプリをManjaro Linuxで

Twitterで見かけた方が同人誌をメロンブックスで電子化されていることを知って、好きな方なので読んでみたいな、と。で、WindowsなりMacなり使ってれば専用ビュアーがあるわけですが、Linux向けには当然あるわけもなく。
てことで、下記のページを参考に試してみました。
 
 
今の環境はまだWineをインストールしていなかったので、まずはWineの環境作成から。とは言っても
 
$ yay -Syy
$ yay -Syu wine
$ sudo shutdown -r 0 #再起動しろってメッセージを見たので
$ winetricks allfonts fakejapanese
ログ消えちゃったんですが、winetricksは初回実行時に存在しなくて、winetricksのインストールするかどうか聞かれるところから始まったと思います。
$ winetricks d3dcompiler_47
 
これだけやってからメロンブックスのアプリをWine Windows プログラムローダーを指定してインストールしてみたら、フォントが化けることもなくあっさりと動きました。やったぜ。
上記のページでは設定ファイルに文字列を記載することが書かれていますが、自分の環境では不要でした。Wineのバージョンの違いとかが原因ですかね。
 
あまり使うこともないですけど、これでまた一つ自分好みの環境が作れました。良きかな。