復活のQC35

2.5mm-3.5mmのケーブル手に入れて、ミリシタできるようにしただけですけどね。
 
ついでに久しぶりに使ってみた感想なぞ。
 
やっぱりこのインターフェース好きです。音量の増減とマルチファンクションボタン、それとスライド式の電源ボタンだけで完結する簡潔なボタン類。受話も終話も曲送りも曲戻しもマルチファンクションボタンを押せば済んじゃう。電源もボタンをスライドさせれば一発。しかも右側にボタンが集中してるので迷わない。わかりやすく、操作もしやすい。もうね、これだけで後継機もBoseにしようと思っちゃいます。
あとつけ心地。小さいし耳に当たる部分もそんなに大きくないように見えるけど、つけてて圧迫感感じないんですよね。だから通勤でつけっぱなしにしてても楽ちんです。軽いのもいいところ。
ノイズキャンセリングもなかなかです。ホワイトノイズはあるけど、グンと周りの音が遠ざかります。曲流しちゃえばトンネルの中でも周囲の音を意識しないですみます。これも個人的には通勤でありがたいポイント。もともと遮音性高いこともあって快適です。
あと、古いけどマルチポイントに対応してます。通勤時は基本iPhoneしか持ち歩かないから恩恵ないけど。
 
バッテリーはヘタってきてるのかな。起動時にバッテリー残量を音声で知らせてくれるんですが、通勤で一日使うと20%減るんですよね。通勤5日だとギリギリ持つか持たないかなのはちょっと不安要素かも。
あと、これは仕方ないんですが充電がMicro USBなんですよね。ここは現行機のQC45が羨ましいです。イヤホン/ヘッドホン関係がUSB TypeCにまとめられると楽なんだけどな。
 
充電関係もあってちょっと後継機のQC45買っちゃおうかなー、なんて思いもありますが、まだまだ使えるのでもう少し使っていこうと思ってます。