Manjaro LinuxでHEIC

iPhoneと画像をやりとりするのにsnapdropを使うようになったのでそれほど重要ではなくなりましたが、Manjaro  LiniuxでHEICを扱える環境は作ったのでメモ。ってもいつも通り検索して見つけてきただけですが。
参考にしたのは以下のページです。
 
まずはビュアーのViewnior。
 
$ yay -S viewnior
 
このアプリでHEIC形式のまま画像を見ることができました。最初に関連付けする必要はありますが、動作軽いし、スペースキーでもカーソルキーでも次の画像に切り替わえられるし、エスケープキーで終了するしで個人的にかなり理想的なビュアーでした。これはいい。メインで使お。
 
次は変換に使うheif-convert。
 
$ yay -S libheif
 
↑でインストールして、
 
$ heif-convert hoge.heic hoge.jpg
 
これでJPEGファイルへの変換はOKです。楽ちん。コマンドだからファイル数が多くてもスクリプト書いて対応できるのはいいですよね。
 
基本編集しない人なのでGIMP入れてないんですが、GIMPなら直接編集できたりするのかなあ。今度調べてみよう。