E495

ThinkPad E495を使い始めてから早10日、感じたことをまとめみました。
 

<いいところ>

[キーボード]
深さのある、しっかりした作りでタッチそのものが気持ちいいです(重要)。またキーの間隔が別れているお陰か使い始めたばかりなのにタッチミス少ないです。ThinkPadのキーボードを本格的に触るのは初めてですが、これは評価高い訳だわ。デスクトップ用キーボードの候補にしたくなりました。あとパームレストに手をおいて入力しても何故かタッチパッドに触れることなく入力できます。これもありがたいですね。ノートPCの何が嫌って、意図してないのにタッチパッドに触っちゃうところなんですよね。
[ボディ]
キーボードがしっかりしていると言うことはそれを支えるボディもガッチリしてると言うことで。ボディの端をつかんでもたわんだりする感じは一切しません。
[拡張性]
自分で増設できるってありがたいです。ストレージはM.2とSATAと二通り使えるし、メモリも2スロットで最大32GBまで拡張できるし、拡張性については文句ありません。今のところストレージはM.2は250GBに換装してSATAポートに500GB HDDを追加、メモリは8GB追加して計12GBで運用してます。メモリはそのうち16GBには拡張したいところ。
あと物理ポートの多さ。USB-C×1、USB-A×3、HDMI、LAN、microSDが使えます。microSDじゃなくてSDだったらデジカメ用に重宝するかな、と思わなくはないですが。USB-Cは電源の入力だけでなく映像の出力にも対応しているので、うちではAnkerのこれをつないで
充電しつつHDMIポートを増設し、本体のHDMIポートと合わせて2枚の外付けモニターに出力してます。
[持って歩けないこともない重さ]
約1.8kgなので決して軽くはないですが、手持ちのPC用デイパックに収納して両肩に重さを分散すれば持ち出せないこともないな、という感じです。日常的には勘弁してほしいですけども、私の場合持ち出すとしたら休日になりますし、それくらいならいいかな、と。
 

<イマイチだったところ>

[Ctrlキー]
Ctrlキーは左の小指で最下段の左、と体が覚えてしまっているため結構苦戦してます。それでもここのところ使い続けているので位置も覚えてきてコピーや切り取り、ペーストあたりは左小指で行けるようになってきたんですが、困っているのがブラウザのタブ切り替えでよく使っているCtrl+Tab。小指でCtrlキー抑えると左手のどの指もタブキーに届かなくなります。なので最近Ctrlは小指か親指の届きやすい方を切り替えながら使う感じにしてます。最近は大分慣れてきました。
[ベゼル]
パームレストの面積を稼ぐためなんだろうな、とは思うんですが広いです。細長い液晶とか増設できそう。

f:id:ntaka1970:20200719175757j:plain

[トラックポイント]
今の所そんなに使う場面が…使わない理由としては文字位置のポイントとかアプリの選択とかはほぼキーボードで操作してしまうので、そもそもそんなにポインタは使わないこと、あとはスクロールができないことが大きいですね(2020/7/26 追記:中ボタンを押しながらでスクロールできたんですね、気づいてませんでした)。もちろん物理的にじゃまになるわけでもないので、あって困るわけではありませんが。
[熱]
CPUファンが設置されている本体の向かって右後ろのあたりは結構熱を持つ時があります。通常は机の上で使うから問題ないですが、膝の上で使おうと思うとあまり長時間は使いたくないですね。
 
多少問題はあるにせよ少ない投資でいいノートPCが手に入りました。しばらくはメインとしてバリバリ使って行く予定です。いい買い物でした。