Filco Majestouch Convertible2

前回書いた通りゲットしました、Filco  Majestouch  Convertible2。テンキーレスでスイッチは茶軸です。今回は使ってみての感想を。

 

<キータッチ>

いやー、キータッチいいですね。クリック感がはっきりしてるけど応答が軽くて、ずっと触っていられそうです。当然ながらキーの引っ掛かりもなく、操作時のストレスが激減しました。Alt+TabやCtrl+Tabが捗ります。

<メニューキー>

個人的には右クリックメニューキーがついてるのも高評価。メニューキーがあるとマウス使わずに操作できるので楽なんですよね。

<安定性>

これまで使ってきたBluetooth接続のキーボードではたまに無反応とか暴走とかあったんですが、今の所Convertible2では発生していません。使い始めて間もないせいもあるんでしょうし、今後も安定するかどうかはしばらく使ってみないと評価は難しいですが、今の所好感触です。

<キーコンフィグ>

ハードウェア的にキーの入れ替えができます。嬉しいのはCtrlとCapsLockの入れ替えができることですね。一時期ずっと入れ替えて使ってたんですが、ハードウェア的に入れ替えられるならCtrl+Tabが楽になるし、久しぶりに試してみようかと考えてます。せっかく入れ替え用のキートップも付属してることですしね。

 <標準配列>

私、標準配列はブラインドタッチできますが、ノートPCなどの変則的な配列苦手なんですよ。特に多用するHome/End/PageUp/PageDownあたり。今回のConvertible2は標準配列なので安心して使えてます。

<省スペース>

テンキーレスにしたおかげで省スペース。モニタの足の間に挟む感じでキーボードを置いてるんですが、幅が狭くなった(450mm→359mm)おかげでその時の体の位置に合わせてずらしやすくなりました。

 

まあ配列と省スペースの話はMajestouchに限った話ではありませんが、メカニカルキーボードでBluetooth接続が使えて標準配列でテンキーレス、という個人的な要望を満たせたのは大変ありがたいです。

 

気になるところはキーの底づきの音かな。店頭だと気づかなかったんですけど、キーが底を叩くと音量は小さいけど結構高い金属音がします。疲れてるときに気になりだすとイライラしそう。調べてみたら静音リングなるものがあるので、あまりに気になるようなら導入考えよう。

 

www.amazon.co.jp

 

設定時につまづいた時はどうなることかと思いましたが、使えるようになればとても快適でした。とても快適なんだけど、悪い癖で赤軸とか青軸とかも実はまだ気になってます。そのうち欲望ゲージが溜まったら手を出してみるかなあ、沼だなあ。