ケーブルの向き

以前ネタにした通りFiio Q3をスマホやらPCやらに繋いで楽しんでるんですが。
 
先日外出した時にMacを持ち出したので、付属のUSB Type-Cのケーブルで接続して音楽を聞こうとしたんですが、なぜか認識されないんですね。
ん?ということでとりあえずOS再起動してみたんですが状況は変わらず。Lightningケーブルでスマホに繋いで使う分には問題ないのでアンプの問題ではない、というところまでわかったのでケーブルの問題かMacのポートの問題か。
で、Mac側のポートを差し替えてみたんですが、これも状況は変わらず。ということはケーブルが原因か。
流石に替えのケーブルは持って歩いてないので後で交換してみようか、と思った時にふと思いついたのがケーブルの向き替えてみたらどうだろう、ということでした。で、簡単にやれるし、やるだけやってみようとケーブルの向きを入れ替えてみたら…何事もなかったように認識されました。
え、なにこれ。オカルト?って言いたい気分ですが、ホントのことなんですよこれが。
まさか同じケーブルの向きで結果が変わるとはなあ。しかも再現性ありです。なにこのケーブル。
 
相当昔、同じスピーカー用ケーブルでも向きが違うと音が違う、なんて記事を読んでオーディオ関係はオカルトが潜んでるんだなあと思った覚えがありますが、自分で経験することになるとは思いませんでした。なんでしょうねこれ。