KZ ZST

つい最近増えたばかりなのにまた増やしちゃいました。
 

XBA-N1は重低音が強くてロックやポップス、EDM系聴く分には楽しいんですが、ジャズやクラシック聞くと低音が足りなくてあまり楽しめないんですね。なのでその辺りを補うイヤホン探してたんですよ。
で、例によって量販店で色々みて回ってる時にたまたまこのイヤホン見つけまして。まあガジェット系のYoutube見てKZって中華系のメーカーなんだ、ってことくらいは知ってましたが、試聴した事はなかったんですね。なのでちょっと試してみたらまあこれ素敵。手持ちのジャズやクラシック聴いた時に楽しい、と思えたんですよね。これ聞く前に高いやつも含めて色々試聴してて、主に予算の面で手を出しかねてたんですが、¥2,600くらいのこれなら予算的にも大丈夫。てことでさっくりとゲットしてきました。
 
とりあえずアンプ通して色々聴いてますが、ジャズやクラシック聴いてると楽しいです。ボーカルはちょっと引っこむ感じ。高音の高いところと低音の下の方でたまに辛い時あり。この辺りはXBA-N1と棲み分けできるので、個人的には目論見通り。
アンプ無しだと流石に感動するてほどの音にはなりませんが、値段考えれば十分すぎる音が出てると思います。ただ全体的に音が軽い感じがするかな。アンプは偉大だ。
 
それにしてもこの値段でダイナミックとBAのハイブリッド、ハイレゾ対応、おまけにリケーブルも可能とか、中華系のイヤホンてすごいですね。Amazonで検索すると色々出てくるので安いやつに手を出してみるか、それともリケーブルで遊ぶか、楽しめそうです。