骨伝導…骨伝導?

久しぶりにハードウェアを買いました。
 
ゲオのオリジナルとして販売されている骨伝導イヤホンです。まあ家の中にいると家人に呼ばれたりすることもあるわけで、作業中に外の音が聞こえるイヤホンも欲しいな、と言うことでゲットしました。安かったしね。
 
で使ってみた感想なんですが、これって骨伝導って言っていいんでしょうか?単にスピーカーを耳元で鳴らしてるだけでは?耳腔にドライバを直接入れているわけではないので確かに周りの音を拾えるんですが、骨関係ある?付け方が悪いのかなあ。机の上に置きっぱなしでも音聞こえるよね。周りに音ダダ漏れだよね。
 
と言うのがまずはとても疑問です。
 
後付け方の問題なのか、こめかみあたりが痛くなってくるんですよね。この辺りは今後付け方を工夫しないと。
も一つ気になる点としてスイッチが硬いこと。停止/再生や音量操作でスイッチに触るわけですが、結構力がいるんですよね。そのまま操作するとグリグリとこめかみに本体があたって痛いので、ハウジングを親指と中指で固定して人差し指で操作するようにしてます。ここまで固くしなくてもよかったのに。
 
音の感じはものすごく悪いわけではないですが、近くで音が鳴ってるのに音が遠い感じがします。なので最大音量にしても迫力が足りない感じ。まあこの辺り望むなら他のヘッドホンなりイヤホンなり使えってことでしょうからいいんですけども。
 
そうそう、気になったけど事前に見つかりにくかった情報としてはマルチペアリングがあります。買ってから恐る恐る試してみたところ、無事複数台との接続情報登録に成功しました!上限はわからないけど、とりあえず4台までは確認できてます。
 
でも家の中で周りの音を聞くためにとはいえ音がダダ漏れになるなら、いっそスピーカー出力でいいんじゃない?と言うのが正直なところです。
 
と言うことで、いい印象より悪印象の方が強い感じになりましたが、むしろ骨伝導イヤホンに対する興味がちょっと湧いてきました。Shokzのイヤホンとかどう言うものなのか、ちょっと試してみたいです。そこまで自分的な需要があるわけじゃないんで、優先度的には高くないですけどね。